賃貸を学ぼう!

賃貸アパートの問題に関して

賃貸アパートの問題に関して 不動産を経営ときに大切になってくることは、自分がどのような物件を対象に経営していくのかを決めることです。
得意な分野は何かをきっちりと判断するために、まずは住居用の物件を探すのか、それとも商業用の物件を探すのかから始めます。
住居用を探す場合には、ターゲットとなるのが、一人暮らしの世帯なのか、ファミリー層の世帯なのかを検討する必要があります。
一人暮らしの場合ですと、ワンルームになることが多いですし、ファミリー層の場合は複数の部屋が必要となってきます。
さらに、物件の構造をきっちりと見極める必要があります。
特に、木造住宅にするのか、それとも鉄筋コンクリートにするのかなど選ぶ必要があります。
ここで賃貸アパートを経営する場合の問題点もいくつかあります。
賃貸アパートは入居者が複数年で入れ替わる可能性があるという問題点です。
その場合、入居者がいないと家賃が入ってこないので、すぐに次の入居者を探す必要があります。

賃貸アパートの共用スペースをめぐるトラブル

賃貸アパートでトラブルになりやすいポイントの一つは、共用スペースの使用です。
共用スペースとは、アパートの住人の誰のものでもない、みんなで使用できるスペースのことですが、この部分の使用を巡ってトラブルが起きることがあります。
例えば、共有スペースだからといってそこでタバコを吸っていたら、タバコを吸わない入居者からクレームをつけられたとか、自分は共有スペースをほとんど使っていないのに、なぜかそこを使っていない自分ばかりが掃除させられているとか、そうした問題が起きる場合があります。
賃貸アパートによって共有スペースの構造も広さも違いますので、どこでも同じような条件が適用できるわけではありませんが、この部分は意外にトラブルが起きやすいということだけは覚えておきましょう。
特に初めて賃貸アパートを借りる人は、そうした部分の使用やマナーに関して慣れていないので、事前に契約書をよく確認して、問題が起きないように注意しましょう。