賃貸を学ぼう!

賃貸アパートの間取りとワンルームについて

賃貸アパートの間取りとワンルームについて 一人暮らしを始める人はワンルームや1Kなどの間取りの賃貸アパートを借りて新生活を開始すると言ったケースが在りますが、ワンルームと1Kの違いをご存知でしょうか。
賃貸アパートの間取り図を見ると、ワンルームも1Kも居間となる部屋が1つあり、キッチンが備えられており、お風呂場とトイレが在るのがこれらの間取りの特徴となります。
しかし、違いがあるから呼び方が異なるわけですが、これらの違いと言うのは敷居が在るかどうかの違いであり、1Kの間取りの場合は居間とキッチンの間に敷居が在りますが、ワンルームの場合は1つの空間の中にリビングルームとなる居間とキッチンが在り、住居空間が分けられていないのが特徴です。
一方、1Kと言うのは居間とキッチンがそれぞれ分かれているため、居間が6畳、キッチンが1.5畳と言った形で間取り図に掲載されており、その違いを知っておくことで賃貸アパートを借りる時にも役立ちますし、覚えておくのがお勧めです。<

賃貸アパートの共用スペースをめぐるトラブル

賃貸アパートの物件にはバス・トイレ別と言う物件とユニットバスが使われている物件の2種類が在ります。
ユニットバスと言うのは浴室とトイレが1つの空間の中に作られているもので、工場で部品を作り現場で組み立てを行う事で空間を作り出すことが出来るため、イニシャルコストが安く出来る事や施工が楽に行えるなどのメリットが在ります。
一方、バス・トイレ別の賃貸アパートの場合は、浴室とトイレが別々になっているため、家族が多い人などの場合にはこちらの方が便利と言う事からも、一人暮らし用の賃貸アパートの場合にユニットバスが使われているケースが多いのが特徴です。
尚、ユニット化させることでのメリットはイニシャルコストや施工が容易に行えるだけではなく、住居空間の専有面積を広くすることが出来ると言うメリットが在ります。
浴室とトイレを個別に作る場合には、それぞれの設備空間が費用になるため、住居空間が狭くなりますが、ユニットバスを使う事で住居空間を広く取る事が出来ると言うメリットが出て来ます。